最新の投稿
病原体

カンジダは体の抵抗力と密接な関係がある病気の1つであり、この病気の原因の1つには体の抵抗力の弱まりを上げることができます。免疫力が低下しているとカンジダに感染しやすくなってしまうので、どのような理由から感染しやすさを高めてしまうのか知っておくようにしてください。原因を知って対策をとることができれば、カンジダを発症させにくくすることができるでしょう。

感染してしまう主な経路は2種類あり、性行為によるものと体内に存在している常在菌によるものをあげることができます。感染している人とコンドームを用いずに性行為を行うと感染することがありますが、それだけではなく体内に存在している常在菌が異常に繁殖することで病気になるケースも少なくありません。カンジダの感染経路は2種類ありますが、どちらも体の抵抗力が弱っているときほど感染を引き起こしやすくなるので、具体的なメカニズムを知っておくことが大切だと言えます。

体の免疫機能の働きが悪くなっているときはあらゆる病気に感染しやすくなるので、性行為を行ったときに免疫力が低ければ、発症する確率が高くなってしまうでしょう。体内にいる常在菌が原因で発症する場合は、抵抗力が弱まったことで常在菌に刺激が与えられてしまうので、その結果として体内で菌が繁殖して病気になってしまいます。カンジダは女性の膣内に症状が起こることが多いですが、実際に生理前後で抵抗力が弱まっていて発症してしまう人は少なくないです。このように、性行為と常在菌のどちらが理由となって発症する場合でも、体の抵抗力が深く関係していると言うことができるので、感染しないようにするためには免疫力を下げないことが大切だと言えるでしょう。

感染者と性行為をしたとしても必ず感染が起こるわけではありませんし、体内に常在菌がいても普段は体に攻撃をするようなことはありません。けれども、免疫力が低下しているときであれば病原菌に体が負けてしまうので簡単に感染を許してしまったり、常在菌の異常な増殖を許してしまったりすることになります。カンジダと免疫力の関係を知らない人は少なくないのですが、この病気は誰でも感染する恐れがある病気だからこそ、免疫力が重要であることを知っておく必要があります。カンジダについて勉強するのであれば、感染してしまう根本的な原因には体の抵抗力が弱まっていることがあげられることを知っておくことが大切だと言えるでしょう。